国立大学法人愛知教育大学   研究推進事業
 愛知教育大学の組織・地域性を活かした摩擦科学の研究

―全国唯一のジオからナノレベルに至るトライボロジー研究創出事業―

本文へジャンプ


TOP

平成19年度研究報告

平成20年度研究報告

平成21年度研究報告

平成22年度研究報告



目的・目標


 固体界面間の滑り摩擦については多くの研究があり、近年ではナノスケー ル摩擦の研究での特異な振る舞いが注目を集めている。
 ものづくり愛知にある愛知教育大学の特徴と利点を最大限生かしながら、ミクロからマクロにわたる摩擦の基礎的機構を統一的に解明し、工学上(新たな摩擦制御技術の発展による地域の活性化及び地域貢献)及び教育上(身近な摩擦現象の巨視的及び ミクロ的な理解と教育課程編成上での新たな提言)の問題に展開する。



メンバー

   氏名 所属  職名  専門分野 
 研究代表者 三浦 浩治 教育学部 教授 表面科学
研究分担者 戸田 茂  教育学部 准教授 地震学 
 澤 武文 教育学部 教授 天文学 
 高橋 真聡 教育学部 教授 宇宙物理
伊東 正人 教育学部 准教授 基礎物理
加藤 淳太郎 教育学部 准教授 植物遺伝学
日野 和之 教育学部 講師 物理化学
森田 剛 教育学部 准教授 物理化学
中野 博文 教育学部 准教授 有機化学
星 博幸 教育学部 准教授 地質学

 


Copyright © 2006 - Miura Labolatory, All Rights Reserved.